Brave ウォレット bitFlyer BAT 連携

今回は、BraveブラウザとbitFlyerを連携させるメモとなります。

 

2021年3月まで日本のBraveユーザーのみ、

BATトークンではなく、BATポイントが付与されていました。

しかし、2021年4月以降よりBATポイントではなく、

BATトークンを受け取れる様になりました。

Brave Rewardsの新システムについてのお知らせ:BATポイント(BAP)に関するユーザーおよびクリエイターへの重要なお知らせ

 

BraveとbitFlyerの口座をリンクさせることにより、

bitflyerの口座でBATトークンを管理できる様になりましたので、

今回はリンクさせて、bat残高をbitFlyer側で確認するところまでの内容となります。

 

○ブラウザ Brave

https://brave.com/

○仮想通貨取引所 bitFlyer

https://bitflyer.com/

 


環境

・OS:mac OS Catalina 10.15.6 intel i5(cpu)

・Brave バージョン: 1.24.85 Chromium: 90.0.4430.212(Official Build) (x86_64)

 


Brave ウォレット認証

まずは、Braveを開きます。

Brave Browser

 

その後、アドレス欄付近のBATマークをクリックするか、

breave bat

メニューのBreave Rewardsなどを選択します。

Brave Rewards

Rewardsが表示されたら、ウォレットを認証をクリックします。

Reword wallet auth

ウォレット認証の説明メッセージが表示されたら、

ウォレットを認証ボタンをクリックします。

breave wallet auth

ボタンを押すと、bitFlyerのログインページが表示されますので、ログインを行います。

breave bitFlyer login

私の場合、2段階認証を設定しているため、

確認コードを入力して確認ボタンをクリックします。

breave bitFlyer double auth

私は、bitFlyerの口座を開設したばかりだったため、手続きが完了しておらず、

初回は連携に失敗しました。。。

breave bitFlyer con not connect

 

口座側の手続きを終えていると、

アカウントの利用許可が表示されますので、

許可するボタンをクリックします。

breave bitFlyer apply

許可すると、Rewardsの画面が表示されます。

Brave Rewards

Adsから得た報酬の取得ボタンが表示されている場合、

全て取得を押すと、連携中の状況を確認できます。

Brave wallet bitFlyer

 

bitFlyer側の資産状況にも、BATの状況が反映されています。

bitFlyer asset list

 


 

今回のメモは以上となります。

前提として、Braveの広告報酬がBATポイントではなく、

BATを獲得できる様になった事は嬉しく思います。

更に、bitFlyerと簡単に連携できる様になった事で、

日本円としての出金も格段に行えやすくなったと思います。


------------------------------------------ スポンサーリンク ------------------------------------------
都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 128

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る