独自ドメイン 移管 AWS Route53 ムームードメイン

今回は、ムームードメインで購入したドメインを、

AWS Route53へ移管する手順のメモです。

ムームードメインの内容でメモしますが、他のサービスでも近い工程になると思います。

移管先 作業

・AWS Route 53 ホストゾーン・NSレコード準備

移管先とするRoute53側で、新規ホストゾーンを作成します。

AWS Route 53 host-zone

Route 53 -> ホストゾーンの作成

AWS Route 53 host-zone

ドメイン名は、移管したいドメインの文字列をフルで指定します。

AWS Route 53 host-zone

ホストゾーンを作成すると、レコードが4種類生成されるので、こちらをメモしておきます。

AWS Route 53 host-zone record


移管元作業

・ムームードメイン ネームサーバー設定

ムームードメイン -> ドメイン管理 -> ネームサーバー設定変更 -> 取得したドメインを使用する

ムームードメイン ネームサーバー 設定

取得したドメインを使用するの部分で、ネームサーバー1ネームサーバー4の部分に、

先ほどホストゾーンを作成した時に生成された、4種類のレコードをこちらで指定します。

ムームードメイン ネームサーバー 設定

設定されるまで、2~3日かかる場合があるようですが、

私のところで試した際には、30分かからず反映されました。

ムームードメイン ネームサーバー 設定


DNS設定・確認作業

設定が完了し、少し時間を空けてから、設定が反省されていることを確認します。

nslookupコマンドなどを利用して確認します。

nslookup -type=レコードタイプ ドメイン名

nameserverが設定した内容になっていれば、設定が反映されています。

nslookup -type=ns


注意点

一応補足ですが、Route53への移管には別途費用が発生する場合もあります。

また、ホストゾーン・レコードなどの部分で費用が発生しますので、

詳しくは公式の情報をご確認ください。

https://aws.amazon.com/jp/route53/pricing/


今回の内容は以上となります。

他のドメインサービスから取得したドメインを、AWSサービスで使用したい場合、

Route53で管理を行うと都合が良い部分が多いです。

必要に応じて適切なDNSサービスで取り扱うことをお勧めします。

都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 165

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る