Anaconda インストール mac

今回は、mac に Anaconda を インストール した時のメモを残しておこうと思います。

 

Anacondaとは

Python本体と、Pythonの色々なパッケージを同時にインストールすることが出来るツールです。

python Japan – Anaconda –

Python Japan MacOS版Anacondaのインストール


有償化について

2020/4/30に利用規約が改定されて、大規模な開発時に利用する場合には有償となります。

詳しくは、以下などで分かりやすくまとめられています。参考に頂ければと思います。

Quiita Anaconda パッケージリポジトリが「大規模な」商用利用では有償になっていた

・公式声明

Anaconda 2020/4/30 Sustaining our stewardship of the open-source data science community

個人学習に利用する分には問題ないと思われますが、

業務で利用する場合、念の為、ご確認頂ければと思います。


インストーラー取得

ダウンロードページより、Downloadボタンをクリックします。

anaconda distribution

 

anaconda install btn

次に、インストールするPythonのバージョン毎のインストーラーダウンロードボタンが表示されるので、

インストールしたい方を選択します。

anaconda pkg

今回は、pkgのインストーラーを利用します。

anaconda pkg


インストーラー起動

ダウンロードしたpkgファイルを起動します。

anaconda pkg start

起動したら、他のアプリケーションと同様に処理を行います。

インストーラーを起動すると、

実行許可のメッセージが表示されるため、続けるを選択します。

 

anaconda install

続けるをクリックします。

anaconda install

 

大切な情報の部分に、インストールされるパッケージなどが記載されていますので、念のため確認します。

anaconda install package list

少し下にスクロールすると、具体的なインストール対象が記載されています。

anaconda install package list

 

今回私のところで試した際には、以下が記載されていました。

大量のパッケージが含まれていることが確認できます。

・インストールされるパッケージリスト

The packages included in this installation are:

  • alabaster 0.7.12
  • anaconda 2019.10
  • anaconda-client 1.7.2
  • anaconda-navigator 1.9.7
  • anaconda-project 0.8.3
  • appnope 0.1.0
  • appscript 1.1.0
  • asn1crypto 1.0.1
  • astroid 2.3.1
  • astropy 3.2.2
  • atomicwrites 1.3.0
  • attrs 19.2.0
  • babel 2.7.0
  • backcall 0.1.0
  • backports 1.0
  • backports.functools_lru_cache 1.5
  • backports.os 0.1.1
  • backports.shutil_get_terminal_size 1.0.0
  • backports.tempfile 1.0
  • backports.weakref 1.0.post1
  • beautifulsoup4 4.8.0
  • bitarray 1.0.1
  • bkcharts 0.2
  • blas 1.0
  • bleach 3.1.0
  • blosc 1.16.3
  • bokeh 1.3.4
  • boto 2.49.0
  • bottleneck 1.2.1
  • bzip2 1.0.8
  • ca-certificates 2019.8.28
  • certifi 2019.9.11
  • cffi 1.12.3
  • chardet 3.0.4
  • click 7.0
  • cloudpickle 1.2.2
  • clyent 1.2.2
  • colorama 0.4.1
  • conda 4.7.12
  • conda-build 3.18.9
  • conda-env 2.6.0
  • conda-package-handling 1.6.0
  • conda-verify 3.4.2
  • contextlib2 0.6.0
  • cryptography 2.7
  • curl 7.65.3
  • cycler 0.10.0
  • cython 0.29.13
  • cytoolz 0.10.0
  • dask 2.5.2
  • dask-core 2.5.2
  • dbus 1.13.6
  • decorator 4.4.0
  • defusedxml 0.6.0
  • distributed 2.5.2
  • docutils 0.15.2
  • entrypoints 0.3
  • et_xmlfile 1.0.1
  • expat 2.2.6
  • fastcache 1.1.0
  • filelock 3.0.12
  • flask 1.1.1
  • freetype 2.9.1
  • fsspec 0.5.2
  • future 0.17.1
  • get_terminal_size 1.0.0
  • gettext 0.19.8.1
  • gevent 1.4.0
  • glib 2.56.2
  • glob2 0.7
  • gmp 6.1.2
  • gmpy2 2.0.8
  • greenlet 0.4.15
  • h5py 2.9.0
  • hdf5 1.10.4
  • heapdict 1.0.1
  • html5lib 1.0.1
  • icu 58.2
  • idna 2.8
  • imageio 2.6.0
  • imagesize 1.1.0
  • importlib_metadata 0.23
  • intel-openmp 2019.4
  • ipykernel 5.1.2
  • ipython 7.8.0
  • ipython_genutils 0.2.0
  • ipywidgets 7.5.1
  • isort 4.3.21
  • itsdangerous 1.1.0
  • jbig 2.1
  • jdcal 1.4.1
  • jedi 0.15.1
  • jinja2 2.10.3
  • joblib 0.13.2
  • jpeg 9b
  • json5 0.8.5
  • jsonschema 3.0.2
  • jupyter 1.0.0
  • jupyter_client 5.3.3
  • jupyter_console 6.0.0
  • jupyter_core 4.5.0
  • jupyterlab 1.1.4
  • jupyterlab_server 1.0.6
  • keyring 18.0.0
  • kiwisolver 1.1.0
  • krb5 1.16.1
  • lazy-object-proxy 1.4.2
  • libarchive 3.3.3
  • libcurl 7.65.3
  • libcxx 4.0.1
  • libcxxabi 4.0.1
  • libedit 3.1.20181209
  • libffi 3.2.1
  • libgfortran 3.0.1
  • libiconv 1.15
  • liblief 0.9.0
  • libpng 1.6.37
  • libsodium 1.0.16
  • libssh2 1.8.2
  • libtiff 4.0.10
  • libxml2 2.9.9
  • libxslt 1.1.33
  • llvm-openmp 4.0.1
  • llvmlite 0.29.0
  • locket 0.2.0
  • lxml 4.4.1
  • lz4-c 1.8.1.2
  • lzo 2.10
  • markupsafe 1.1.1
  • matplotlib 3.1.1
  • mccabe 0.6.1
  • mistune 0.8.4
  • mkl 2019.4
  • mkl-service 2.3.0
  • mkl_fft 1.0.14
  • mkl_random 1.1.0
  • mock 3.0.5
  • more-itertools 7.2.0
  • mpc 1.1.0
  • mpfr 4.0.1
  • mpmath 1.1.0
  • msgpack-python 0.6.1
  • multipledispatch 0.6.0
  • navigator-updater 0.2.1
  • nbconvert 5.6.0
  • nbformat 4.4.0
  • ncurses 6.1
  • networkx 2.3
  • nltk 3.4.5
  • nose 1.3.7
  • notebook 6.0.1
  • numba 0.45.1
  • numexpr 2.7.0
  • numpy 1.17.2
  • numpy-base 1.17.2
  • numpydoc 0.9.1
  • olefile 0.46
  • openpyxl 3.0.0
  • openssl 1.1.1d
  • packaging 19.2
  • pandas 0.25.1
  • pandoc 2.2.3.2
  • pandocfilters 1.4.2
  • parso 0.5.1
  • partd 1.0.0
  • path.py 12.0.1
  • pathlib2 2.3.5
  • patsy 0.5.1
  • pcre 8.43
  • pep8 1.7.1
  • pexpect 4.7.0
  • pickleshare 0.7.5
  • pillow 6.2.0
  • pip 19.2.3
  • pkginfo 1.5.0.1
  • pluggy 0.13.0
  • ply 3.11
  • prometheus_client 0.7.1
  • prompt_toolkit 2.0.10
  • psutil 5.6.3
  • ptyprocess 0.6.0
  • py 1.8.0
  • py-lief 0.9.0
  • pycodestyle 2.5.0
  • pycosat 0.6.3
  • pycparser 2.19
  • pycrypto 2.6.1
  • pycurl 7.43.0.3
  • pyflakes 2.1.1
  • pygments 2.4.2
  • pylint 2.4.2
  • pyodbc 4.0.27
  • pyopenssl 19.0.0
  • pyparsing 2.4.2
  • pyqt 5.9.2
  • pyrsistent 0.15.4
  • pysocks 1.7.1
  • pytables 3.5.2
  • pytest 5.2.1
  • pytest-arraydiff 0.3
  • pytest-astropy 0.5.0
  • pytest-doctestplus 0.4.0
  • pytest-openfiles 0.4.0
  • pytest-remotedata 0.3.2
  • python 3.7.4
  • python-dateutil 2.8.0
  • python-libarchive-c 2.8
  • python.app 2
  • pytz 2019.3
  • pywavelets 1.0.3
  • pyyaml 5.1.2
  • pyzmq 18.1.0
  • qt 5.9.7
  • qtawesome 0.6.0
  • qtconsole 4.5.5
  • qtpy 1.9.0
  • readline 7.0
  • requests 2.22.0
  • ripgrep 0.10.0
  • rope 0.14.0
  • ruamel_yaml 0.15.46
  • scikit-image 0.15.0
  • scikit-learn 0.21.3
  • scipy 1.3.1
  • seaborn 0.9.0
  • send2trash 1.5.0
  • setuptools 41.4.0
  • simplegeneric 0.8.1
  • singledispatch 3.4.0.3
  • sip 4.19.8
  • six 1.12.0
  • snappy 1.1.7
  • snowballstemmer 2.0.0
  • sortedcollections 1.1.2
  • sortedcontainers 2.1.0
  • soupsieve 1.9.3
  • sphinx 2.2.0
  • sphinxcontrib 1.0
  • sphinxcontrib-applehelp 1.0.1
  • sphinxcontrib-devhelp 1.0.1
  • sphinxcontrib-htmlhelp 1.0.2
  • sphinxcontrib-jsmath 1.0.1
  • sphinxcontrib-qthelp 1.0.2
  • sphinxcontrib-serializinghtml 1.1.3
  • sphinxcontrib-websupport 1.1.2
  • spyder 3.3.6
  • spyder-kernels 0.5.2
  • sqlalchemy 1.3.9
  • sqlite 3.30.0
  • statsmodels 0.10.1
  • sympy 1.4
  • tbb 2019.8
  • tblib 1.4.0
  • terminado 0.8.2
  • testpath 0.4.2
  • tk 8.6.8
  • toolz 0.10.0
  • tornado 6.0.3
  • tqdm 4.36.1
  • traitlets 4.3.3
  • unicodecsv 0.14.1
  • unixodbc 2.3.7
  • urllib3 1.24.2
  • wcwidth 0.1.7
  • webencodings 0.5.1
  • werkzeug 0.16.0
  • wheel 0.33.6
  • widgetsnbextension 3.5.1
  • wrapt 1.11.2
  • wurlitzer 1.0.3
  • xlrd 1.2.0
  • xlsxwriter 1.2.1
  • xlwings 0.15.10
  • xlwt 1.3.0
  • xz 5.2.4
  • yaml 0.1.7
  • zeromq 4.3.1
  • zict 1.0.0
  • zipp 0.6.0
  • zlib 1.2.11
  • zstd 1.3.7

 

続けて、使用許諾契約の確認が表示されます。

anaconda install approval

続けるをクリックすると確認画面が表示されますので、同意を行います。

anaconda install approval

同意を行うと、インストール方法の指定が出てきますので、

インストール先を指定したい場合には、インストール先を変更…ボタンをクリックし、

そのままでも問題がなければ、インストールボタンをクリックします。

anaconda install

インストールが完了すると、JetBrains製のIDE PyCharmの宣伝が表示されます。

続けるをクリックします。

anaconda install done

インストールが完了しましたと表示されます。

尚、Anaconda Cloudというクラウドパッケージ管理サービスが存在します。

そちらへのリンクも表示されているので、気になる方はSign up for free のリンクよりアクセスすることが出来ます。

anaconda install

 

閉じるボタンをクリックすると完了となります。

インストーラーを破棄する案内が出た場合、不要であればそのまま、ゴミ箱に入れてしまいます。

anaconda install

 


Python インストール確認

Pythonが動作しているのかの確認も兼ねて、Pythonの動作バージョンを確認してみます。

Pythonのバージョンが表示されれば、正常に動作しています。

python --version

anaconda install version


Anaconda インストール確認

Anacondaも動作しているのかの確認も兼ねて、バージョンを確認してみます。

anaconda -V

 

anaconda install version

※画像は、別の方法でインストールした時に確認した画像です。

試しに、Webフレームワークのflaskも確認してみましたが、正常にインストールされているようです。


 

今回のメモは以上となります。

Anacondaは、色々なライブラリをまとめてインストールしてくれるので、

色々利用する場合には、いっぺんに用意することが出来て便利です。

しかし、かなりの量のライブラリがインストールされるので、

必要なものが限られている場合などは、minicondaなどもお試し頂くと良いと思います。


都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 139

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る