Docker Debian タイムゾーン JST 設定

今回は、Debian系Dockerコンテナのタイムゾーンを設定するメモとなります。

環境

  • macOS:Big Sur 11.5.2
  • Docker:20.10.12
  • Docker Desktop:4.5.0 (74594)
  • docker-compose:1.29.2, build 5becea4c
  • イメージ:3.12.0-bookworm、3.12.0-slim-bookworm

Dockerコマンド TZ指定

docker run時に -eオプション TZ=タイムゾーン指定を行うことができます。

docker run -it -e TZ=Asia/Tokyo debian date

docker run timezone


docker-compose.yml 環境変数 TZ 指定

docker-compose.ymlで、環境変数にタイムゾーン指定する方法です。

version: "3.9"
services:
  app:
    build: .
    ports:
      - "5000:5000"
    environment:
      TZ: Asia/Tokyo

Dockerfile タイムゾーンファイル変更指定

コンテナOSのタイムゾーン設定を、Dockerfileファイルで指定する方法です。

種類・バージョンに寄りますが、

Debian系のLinuxの場合以下で指定可能です。

FROM イメージ名

# timezone setting
RUN ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

LinuC Linux豆知識 186 「/etc/localtime」ファイル


今回のメモは以上となります。

OS種類・バージョンによって多少挙動は異なるかもしれませんが、

Dockerコマンド、Dockerfile指定、docker-compose.yml指定で大体は設定できると思います。

都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 165

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る