Linux Debian タイムゾーン 確認 変更 UTC JST

今回は、Debianのタイムゾーンを確認して、時刻をJST Tokyoに変更するメモとなります。

時刻合わせの方法は色々ありますが、

ここでの内容は、最初からOS内に用意されているタイムゾーンファイルを合わせる内容です。

バージョン

debian:10.11(buster-slim)

 


現在の時刻 タイムゾーン確認

幾つか確認方法はありますが、dateコマンドでも確認できます。

date

日時の表示の後、年の前にアルファベットで表記されています。

Debianのバージョンによって異なるかもしれませんが、デフォルトはUTCになっています。

debian timezone

 


タイムゾーンファイル 確認

現在のローカルタイムゾーンは、/etc/localtimeの内容で確認できます。

stringsコマンドやcatコマンドで確認できます。

cat /etc/localtime

debian localtime

LinuC Linux豆知識 186 「/etc/localtime」ファイル

 

デフォルトだと、シンボリックリンクを貼っているケースが多いと思いますので、

その場合は、以下の要領で確認できます。

ls -la /etc/localtime

debian localtime

 


dpkg-reconfigureコマンド タイムゾーン 変更

対話形式で変更したい場合、dpkg-reconfigureコマンドで実行できます。

 dpkg-reconfigure tzdata

実行するとまずエリアを聞かれるので選択します。

debian reconfigure

次に、都市を聞かれるので選択します。Tokyoは79ですね。

debian reconfigure

 

debian reconfigure

 

タイムゾーンファイル変更

タイムゾーンファイルを修正することでも変更可能です。

・タイムゾーン ファイルバックアップ

シンボリックリンクで設定している場合、あまり意味はありませんが、

直接/etc/localtimeの内容で設定している場合、バックアップを行います。

debian localtime

cp /etc/localtime /etc/localtime.org

debian localtime

 

・タイムゾーン ファイル変更

/usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyoに、エリアごとのタイムゾーンファイルが用意されています。

目的のファイルの内容に、/etc/localtimeの内容を変更するか、シンボリックリンクを貼ります。

ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

・確認

ls -la /etc/localtime

 

debian localtime

 


 

今回のメモは以上となります。

時刻合わせは公開されているNTPを基準にしたり、

timedatectlコマンドを利用したり色々ありますが、

ローカル開発環境の時刻狂いを直す程度でしたら、

タイムゾーンを合わせれば良いかと思います。


------------------------------------------ スポンサーリンク ------------------------------------------
都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 131

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る