PHP

php.ini ファイルパス ファイル場所 確認

今回は、PHPの設定ファイルである、

php.iniのファイル場所の確認方法をメモしておきたいと思います。

 

尚、確認方法は、いくつかありますので、今分かる範囲でメモしておこうと思います。

また、macや一部の環境の場合、php.iniファイルは存在せず、

代替ファイルが存在する場合もありますので、その点についてもメモしておこうと思います。

PHPバージョン

こちらで載せてある確認方法は、以下のバージョンの時点のものです。

・バージョン:PHP 7.3.11 (cli) (built: Feb 29 2020 02:50:36) ( NTS )


確認方法

・コマンドラインからの確認

オプション –iniを利用すると、php.iniのファイルパスを確認することができます。

赤線の部分に場所が表示されます。

 

他にも、オプション -iを利用しても確認できます。

ただ、オプション -iは、php.iniにかかわらず、phpの設定全般を確認できるので、

表示される結果が多行に渡る為、確認しづらいかも知れません。

一部省略....

なので、Linux・Unix系の場合、以下の様にgrepをパイプして実行する方法が分かりやすい様です。

多くのサイトで紹介されています。

 

・PHP 定義済 関数 phpinfoを利用して確認

定義済の関数である、phpinfoを利用することで、確認を行えます。

以下の様な内容のPHPファイルを作成して、実行することにより、PHP の設定情報を確認することができます。

PHPマニュアル phpinfo

以下の公式マニュアルの引用の通り、INFO_GENERALを引数に渡せば、php.iniでの場所を確認できますが、

引数なしの場合でも、設定の全容を確認できるので問題ありません。

phpinfo() のオプション
名前(定数) 説明
INFO_GENERAL 1 configure オプション、php.ini の場所、ビルド日時、 Web サーバー、オペレーティングシステム等。
INFO_CREDITS 2 PHP クレジット。phpcredits() も参照ください。
INFO_CONFIGURATION 4 ローカルおよびマスタの、現在の PHP ディレクティブの値。 ini_get() も参照ください。
INFO_MODULES 8 ロードされているモジュールと、それぞれの設定。 get_loaded_extensions() も参照ください。
INFO_ENVIRONMENT 16 $_ENV で取得できる環境変数の情報。
INFO_VARIABLES 32 EGPCS(環境変数・GET・POST・クッキー・サーバー変数)から すべての 定義済みの変数を表示します。
INFO_LICENSE 64 PHP ライセンス情報。» ライセンス FAQ も参照ください。
INFO_ALL -1 上記のすべてを表示します。

Configuration File (php.ini) Pathの場所に記載されています。

 


php.ini 代替ファイル

環境によっては、php.iniファイルが存在せず、別のファイルが存在する場合がある様です。

私の使用しているmacの環境でも、php.iniファイルが存在せず、

代わりに、php.ini.defaultというファイルが存在していました。

確認したところ、PHPの動作は、こちらの設定内容が適応されていました。

 


以上が、php.iniの確認メモとなります。

php.iniは、デバッグ設定やDB設定なども行う、重要なファイルです。

自分の確認しやすい方法を見つけておくと、良いかも知れません。

都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 82

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る