mac MySQL クライアントツール Workbench インストール

前回は、macにMySQLをインストールする方法をメモしましたが、

今回は、macにクライアントツール Workbenchをインストールする方法をメモしておこうと思います。

 

インストーラー取得

まずは、公式サイトよりインストーラーを取得します。

MySQL – Workbench –

 

2020/03/17(火)現在では、以下のリンクより、

直接ダウンロードページに移動することが出来ます。

MySQL Workbench Downloads

ページを開くと、アクセスしている端末に合わせた最新バージョンを表示してくれます。

バージョンによっては、色々と不都合が生じる場合もありますが、

特に理由が無ければ、デフォルトのままDownloadボタンをクリックして、ダウンロードを実行します。

 


インストーラー実行

インストーラーを手元に用意出来たら、ダブルクリック等で実行を行います。

インストールが進むと、WorkbenchをApplicationsに追加するドラッグを行う指示が表示されるので、

WorkbenchのマークをApplicationsにドラッグします。

正常にApplicationsに追加されると、

Launchpad等でアプリ一覧を表示したところに、

Workbenchのマークが表示されます。


Workbench起動

アイコンをクリックして、Workbenchを起動します。

環境によっては、初回起動時に以下のような確認メッセージが表示されます。

その場合は、開くをクリックします。

ダウンロード頂いたバージョンと、環境の状況次第では、

開発元未確認アプリとして識別される場合もありますので、

その場合には、以下を参照頂ければと思います。

MacOS Mojave 開発元未確認 アプリ起動方法

 


DB接続

MySQL Connectionsのプラスマークをクリックします。

プラスマークをクリックすると、接続設定の新規作成画面が表示されるので、各所入力を行います。

 

ホスト名を確認したい場合には、

MySQLに接続した状態で、以下のコマンドを入力すると、接続中のホスト名を確認することが出来ます。

尚、以下の手順のように、MySQLをそのままインストールしただけの場合、

localhostに割り当てられている、127.0.0.1:3306がhostnameとなります。

MySQL インストール mac

接続情報を指定したら、TestConnectionボタンをクリックして、接続テストを行います。

接続情報が正しく、正常に接続できた場合、以下のようなメッセージが表示されます。

テスト後に、OKボタンをクリックして、接続情報を登録すると、

Workbenchの画面に、登録された接続情報が表示されます。

接続情報をクリックすると、各種操作画面が開きます。


 

以上が、macの環境に、Workbenchをインストールする手順となります。

Workbenchは、色々な便利な機能が備わっているので、

実際の現場でも利用することもあり重宝します。


------------------------------------------ スポンサーリンク ------------------------------------------
都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。 お仕事のご相談などは、以下サイトのコンタクトよりお気軽にご連絡下さい。
投稿を作成しました 95

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る