PHP

PHP HelloWorld Built-in HTTPサーバー起動

今回は、macでPHPのプログラムを作成して、

HelloWorldの表示を行う方法のメモとなります。

 

デフォルトで、macやLinuxには、PHPがインストールされていると思います。

故に、XAMPやMAMPを新たにインストールしなくてもPHPを実行可能です。

 

しかも、比較的新しいバージョンのPHPであれば、

単にPHPを実行できるだけでなく、ビルトインHTTPサーバーも起動することができます。

 

コマンドラインで、HelloWorldを表示する方法と、

ビルトインHTTPサーバーを起動して、ブラウザで表示確認する方法をメモしておきたいと思います。

環境

・OS:mac OS Catalina 10.15.4(19E266)

・IDE:Visual Studio Code Version: 1.44.2

※ファイルの編集等に、VSCodeを利用しているだけなので、VSCodeである必要はありません。

 


PHPバージョン確認

一応、PHPが動作するかを、PHPのバージョン確認も兼ねて行います。

目的のディレクトリを、Terminal等で開いて以下のコマンドで確認を行います。

バージョンが正常に表示される場合、HelloWorldを表示する環境としては問題ありません。

また、以下の公式マニュアルによると、

PHP 5.4.0から、ビルトインサーバーが実装されている様です。

PHPマニュアル ビルトインウェブサーバー


コマンドラインでHelloWorld表示

PHPが実行可能なディレクトリで、以下のPHPプログラムを作成します。

printは、標準出力用の関数であり、

PHP_EOLは、改行が定義された定数となります。

その後、コマンドラインで、以下の様にファイル名を指定して実行します。

実行すると、HelloWorld.php.と表示されます。

 


Built-in HTTPサーバー起動、ブラウザでHelloWorld表示

以下のコマンドで、Built-in HTTPサーバー起動することができます。

また、コンソールに出力されている通り、

ブラウザにて、以下にアクセスすると、phpの実行結果を表示することができます。

 

 


以上となります。

PHPのちょっとした動作を確認したい場合でも、簡単に確認することができます。

環境を用意することが面倒な場合、そのまま利用することができて便利かも知れません。

都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 82

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る