JavaScript エラー を Servlet で 利用 する

現場で、フロントエンド側(JavaScript)で発生したエラーを、

servlet側に渡して、ログに出力したいという要件が有りました。

あまり求められたことが無い、珍しい要件だったので、

その時とったアプローチ方法をメモしておこうと思います。

 

対応方法

大まかに以下のような形で対応を行いました。

①JavaScriptでエラーが発生→window.onerror(JavaScript)でエラーをキャッチ

②キャッチしたエラー情報を、servlet側に渡せるように、jsp上のhiddenタグに設定

③jspからservletに、エラー情報をポスト

④JavaScriptで発生したエラー情報を、servlet内で文字列の情報として利用

◯参考情報:MDN window.onerror

 

その時に、検証用に作成したプロジェクトのソースをメモしておこうと思います。

 


検証プロジェクト 内容

JavaScriptエラーを意図的に発生させるdoErrorボタンと、

発生したエラー内容をservlet側にpostするpostErrorボタンを用意しました。

doErrorボタンを実行すると、JavaScriptエラーが発生し、

エラー内容を、htmlに表示します。

 

エラーが表示されている状態で、postErrorボタンをクリックすると、

postされてservlet側にエラー内容が届きます。

検証用ファイル JavaScript

意図的にJavaScriptエラーを発生させるFunctionを作成しました。

また、windows.onerrorをエラーハンドリングとして利用しています。

// 意図的にJavaScriptエラーを発生させるFunction.
function doError(){
	let aa = "";
	aa - bb; // do error.
    console.log("click test.");
}

// JavaScript内でエラーが発生した場合、呼び出されるFunction.
window.onerror = function (msg, file, line, column, err) {

    // ブラウザコンソール出力
    console.log("msg:" + msg)
    console.log("err:" + err)
    console.log("file:" + file)
    console.log("line:" + line)
    console.log("colum:" + column)
    
    // エラー内容整形
    let em = "msg:" + msg;
    em += " </br> err:" + err;
    em += " </br> file:" + file;
    em += " </br> line:" + line + " colum:" + column;

    // 画面上部に表示
    document.getElementById("showErrorDiv").innerHTML = em;
    // form内のhiddenに値設定 
    document.getElementById("showErrorInput").value = em;
};

検証用ファイル Jsp

<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" pageEncoding="UTF-8"%>
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
 <meta charset="UTF-8">
 <title>JsError Practice01</title>
 <script src="/jsErrorPractice01/js/errorTest.js"></script>
</head>
<body>
<div>JsError Practice01</div>
<hr>
<div id="showErrorDiv"></div>
<input type="button" onclick="doError()" value="doError" />
<hr>
<form action="./CatchJsError" method="post">
	<input type="hidden" id="showErrorInput" name="showErrorInput" />
	<input type="submit" value="postError" />
</form>
</body>
</html>

 

検証用ファイル Servlet

postされたエラー情報を抽出して、出力確認を行なっています。

import java.io.IOException;

import javax.servlet.RequestDispatcher;
import javax.servlet.ServletException;
import javax.servlet.annotation.WebServlet;
import javax.servlet.http.HttpServlet;
import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

/**
 * Servlet implementation class HelloWorld
 */
@WebServlet("/CatchJsError")
public class CatchJsError extends HttpServlet {
	private static final long serialVersionUID = 1L;

	/**
	 * @see HttpServlet#HttpServlet()
	 */
	public CatchJsError() {
		super();
		// TODO Auto-generated constructor stub
	}

	/**
	 * @see HttpServlet#doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
	 */
	protected void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
		String view = "/index.jsp";
		RequestDispatcher dispatcher = request.getRequestDispatcher(view);
		dispatcher.forward(request, response);
	}

	/**
	 * @see HttpServlet#doPost(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
	 */
	protected void doPost(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
        // Postされた、JavaScriptエラーをhttpParamから抽出
        String errorMsg = request.getParameter("showErrorInput");
        // 画面表示用に改行置き換え
        System.out.println(errorMsg.replace("</br>", System.getProperty("line.separator")));
        // 画面更新処理
		String view = "/index.jsp";
		RequestDispatcher dispatcher = request.getRequestDispatcher(view);
		dispatcher.forward(request, response);
	}
}

 

以上が、メモ内容となります。

余談ですが、JavaScriptのフレームワークを採用している場合、

window.onerrorでは、全てのエラーを拾うことが出来ない場合もあります。

フレームワークを採用している場合、フレームワークで実装されている

エラーハンドラを利用することをお勧めします。

 


------------------------------------------ スポンサーリンク ------------------------------------------
都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 127

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る