Python Django インストール HelloWorld

今回は、PythonのWebフレームワークである、

DjangoでHello Worldを表示してみたいと思います。

表示方法は、htmlテンプレートを使用せず、HttpResponseで文字列を返却する形で行います。

htmlテンプレートを使用する方法は、別の記事でまとめさせて頂きます。

 


環境

  • OS:Windows10
  • ツール:Visual Studio Code
  • Python version:3.7.3

※pythonはインストールされた状態から始めます。

 


Djangoインストール

まずは、正しくpythonがインストールされているか確認します。

python -V(大文字)で確認を行えます。

pythonの確認が済んだら、早速Djangoのインストールを行います。

インストールは、以下のコマンドで実行されます。

pip install Django

完了すると、Successfully installed Django – versionと表示されます。

インストールが完了したら、念のためDjangoのバージョンを確認を行います。

python -m django --version


プロジェクト作成

Djangoのインストールが完了したので、以下の手順でHelloWorldを表示します。

プロジェクト作成 → Webサーバー動作確認 → アプリ作成 → Webサーバー動作確認

まずは、以下のコマンドを実行して、プロジェクト作成を行います。

※今回は、プロジェクト名をdjango_projectとします。

django-admin startproject プロジェクト名

まずは、以下のコマンドを実行して、プロジェクト作成を行います。

django-admin startproject プロジェクト名

実行すると、実行した場所にプロジェクト名のフォルダが生成されます。

そして、プロジェクト名のフォルダの中に、

もう一つプロジェクト名のフォルダと、manage.pyが生成されます。

〇フォルダ構成


Webサーバー起動確認

プロジェクト名のフォルダ(親フォルダ)の場所で、

以下のコマンドを実行すると、Webサーバーが起動します。

python manage.py runserver

無事にサーバーが起動した場合、HttpAccessするためのURLが表示されますので、

ブラウザでアクセスします。デフォルトであれば、http://127.0.0.1:8000/になるかと思います。

アクセスすると、djangoのデフォルトページが表示されます。

これで、Webサーバーの動作は確認できました。


アプリ作成

次に、アプリを作成します。

プロジェクトフォルダ内で、以下のコマンドを実行してアプリを作成します。

※今回は、アプリ名をHelloWorldとします。

python manage.py startapp アプリ名

コマンドを実行すると、プロジェクトフォルダ(親)に、

アプリ名のフォルダが作成されます。

アプリ名のフォルダ内には、migrationsフォルダと、各種pythonファイルが存在します。

〇フォルダ構成

ここまで来たら、続けてファイルの修正を行います。

・views.py

サーバーからのレスポンスで、画面に文字を表示させるための処理を追加します。

views.py(アプリフォルダに存在する)の内容を、以下の形に修正します。

from django.http import HttpResponse

def hello(req):
  return HttpResponse('Hello World! Django.')

・settings.py

プロジェクトの設定に、アプリを追加します。

プロジェクトフォルダに存在する、settings.pyの内容に、以下を追加します。

INSTALLED_APPS = [
    'django.contrib.admin',
    'django.contrib.auth',
    'django.contrib.contenttypes',
    'django.contrib.sessions',
    'django.contrib.messages',
    'django.contrib.staticfiles',
    'HelloWorld', # <<-- add app name.
]

・urls.py

HttpAccessする為のURLとして、HelloWorldを割り当てるための処理を追加します。

プロジェクトフォルダに存在する、urls.pyの内容に、以下を追加します。

from django.contrib import admin
from django.urls import path, include

urlpatterns = [
path('HelloWorld/', include('HelloWorld.urls')),
path('admin/', admin.site.urls),
]

 

最後に、pythonファイルを1つ作成して修正します。

・urls.py

アプリが呼び出されるURL割り当てのパターンを設定します。

その為のurls.pyファイルを、アプリフォルダ内に作成します。

作成後、以下の内容に修正します。

from django.urls import path

from . import views

urlpatterns = [
    path('', views.HelloWorld , name='HelloWorld'),
]

 


Hello World 表示確認

ファイルの修正・追加が完了したら、再度、Webサーバーを立ち上げます。

python manage.py runserver

そして、今度は、アプリを割り当てたパスをURLに含めてアクセスします。

問題なく表示することが出来ました。


Djangoは、Webサーバーを立ち上げることは、

非常に簡単に出来るのですが、URLパターンの割り当て方法が、少々分かりにくいように思います。
今後もDjangoを触る機会がありそうですので、

逐一メモしておこうと思います。


 



 


都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 139

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る