Kotlin Intellij HelloWorld

今回は、KotlinでHelloWorldを表示してみようと思います。IDEは、Intellijを利用します。

JetBrains Intellij

Intellijのインストール方法は、以下を参照頂けますでしょうか。

IntelliJ インストール



Kotlinプロジェクト作成

まずは、IntelliJを起動します。

起動したら、File -> New -> Project…を選択します。

左側のメニューのKotlinを選択した後、右側に表示されているJVM|IDEAを選択します。

その後、Nextボタンをクリックします。

Project作成画面に移ったら、Project名を入力します。

また、プロジェクトで管理されるファイルの配置場所を変更したい場合、Projcet location:を変更します。

Use library:KotlinJavaRuntimeが存在しない場合、createボタンより作成します。

入力が完了したら、Finishボタンをクリックします。

プロジェクトを開くウィンドウの場所を聞かれたら、開きたい場所を選択します。

私は、新しいウィンドウで開きたかったので、New Windowを選択しました。

作成されたKotlinプロジェクトが開かれます。

プロジェクトのアイコン左側の▷マークをクリックすると、

プロジェクト内の構成が展開されます。


Kotlinプログラム作成・ビルド

プロジェクト内のsrcフォルダを選択し、右クリックを行います。

New -> Kotlin File/Classを選択します。

ファイル作成画面が表示されたら、

ファイル名を入力し、Fileをダブルクリックします。

ファイルが作成されたら、以下の様にHelloWorldを出力する処理を記述します。

その後、念のため、

Build -> Bild Project もしくは、Build Module ‘プロジェクト名’でビルドを行います。


Kotlinプログラム実行 HelloWorld表示

そして、Run -> Run…より実行を行います。

Run画面が表示されたら、プロジェクト名の方を選択します。

しばらくすると、コンソールに実行結果が表示されます。

無事、Hello Worldが表示されました。


 

以上となります。

IntelliJを利用すれば、初心者でも簡単に開発環境が整いますのでおススメです。

 

余談ですが、最近、Kotlinの人気が上がっているように思います。

単にJVM言語なだけでなく、Javaとの相互利用が可能な上、

シンプルな構文を実現できる事が、好評なのかもしれません。

また、Javaの先行きが不透明な点もKotlinの人気を後押ししているように個人的には思います。

今後、触れる機会が増えそうなので、しっかりと学習しておこうと思います。




都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 82

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る