mac Vagrant インストール 仮想環境 接続

今回は、macの環境にVagrantをインストールするメモとなります。

尚、こちらのメモは、VirtualBoxをインストールしている前提のメモとなります。

Vagrantは、仮想環境の管理ツールなので、

VM WareやVirtualBoxなどの仮想マシンが導入されていないと、利用することができません。

VirtualBoxの導入は以下を参考にして頂ければと思います。

mac VirtualBox インストール

 

環境

・OS:mac OS Catalina 10.15.6

・VirtualBox:6.1.16 r140961 (Qt5.6.3)

 


インストール対象

・Vagrant:2.2.14

 


インストーラー取得

まずは、以下公式サイトからインストーラーを取得します。

https://www.vagrantup.com/

Vagrant ダウンロード ページ

 

ダウンロードページに、OS毎のダウンロードボタンが用意されていますので、

ダウンロードボタンをクリックします。

Vagrant ダウンロード

Vagrant バージョン

 


インストール

インストーラーのdmgファイルを取得したら、

Finder等で表示して、ダブルクリック等で起動します。

Vagrant dmg

Vagrant インストール

vagrant.pkgをダブルクリックして、インストーラーを起動します。

Vagrant インストーラー 起動

インストーラーが起動したら、そのまま続けるボタンをクリックします。

Vagrant インストール

インストールの種類では、インストール場所を変更する場合、

インストール先を変更ボタンをクリックして指定します。

特に事情がない場合、そのままインストールボタンをクリックします。

Vagrant インストール

環境によっては、インストール開始前に実行許可の確認が表示されます。

パスワード入力による許可か、Touch IDによる許可を行います。

Mac 実行 許可

許可するとインストールが実行されます。

インストールが完了すると完了メッセージが表示されますので、

閉じるボタンをクリックして閉じます。

Vagrant インストール 完了

 

インストールが完了したら、

挙動確認も兼ねて、バージョン表示を行います。

ターミナルを起動して、

 

ターミナル

以下のコマンドを実行します。

バージョン番号が表示されたら、Vagrantがインストールされ起動しています。

Vagrant バージョン

 


Boxイメージ (仮想マシン) 取得・初期化

Vagrantでは、仮想マシンをBoxイメージという単位で取り扱います。

Boxは、Vagrant Cloudから取得できます。

※Vagrant Cloudは、ver1.5から利用できます。

 

まず、Vagrant Cloudにアクセスして、目当ての構成のBoxを探します。

https://app.vagrantup.com/boxes/search

Vagrant Cloud

検索ボックスを利用して、目的のOSなどを検索します。

今回は、ubuntuのBoxイメージを利用したいので、ubuntuを検索します。Vagrant Box

 

目的のBoxイメージが見つかったら、クリックして詳細を確認します。

Vagrant Box

ローカルでBoxイメージを取得するためのコマンドが、

Newタブに記載されていますので、事前に確認します。

Vagrant Box detail

目当てのboxイメージを見つけて、初期化コマンドも確認したら、

仮想マシンのファイルを配置したいディレクトリで、確認済みのコマンドを実行します。

コマンドは、以下の形式であり、

vagrant init ユーザ名/Box名

今回確認済みのboxを利用する場合には、以下の様に実行します。

Vagrant init

vagrant init を実行すると、実行ディレクトリにVagrantfileという設定ファイルが生成されます。

Vagrant file


仮想マシン起動

Vagrantfileを生成したら、仮想マシンを起動します。

起動は以下のコマンドで実行します。

Vagrant start

VirtualBoxがインストールされていない場合や、バージョンの相性が悪い場合には以下の様なエラーが発生します。

Vagrant error

こちらのエラーが発生する場合は、

仮想マシンがインストールされていないか、仮想マシンのバージョンがVagrantと相性が悪いなど、

Vagrantが仮想マシンを利用できない状態になっています。

仮想マシンをインストールし直すなどの対応が必要となります。

 


仮想マシン 接続

今回は、Vagrantコマンドのsshで接続する方法と、

VirtualBoxから接続する方法の両方をメモしておきます。

 

Vagrant ssh 接続

Vagrantのsshコマンドで接続するためには、Vagrantfileを生成したディレクトリで、

以下のコマンドを実行します。

Vagrant ssh

接続を正常に行えたら、以下のコマンドなどを利用して、

想定の環境に接続していることを確認します。

Vagrant 環境

そして、接続を一時停止する場合は、以下のコマンドを実行します。

Vagrant 一時停止

完全に停止させる場合は、以下のコマンドを実行します。

Vagrant 終了

仮想マシンの状態を確認したい場合には、以下のコマンドで確認します。

suspendを実行した場合、stateがsavedになります。

Vagrant 復帰

haltを実行した場合、stateがpoweroffになります。

Vagrant シャットダウン

 

実行中の場合、stateがrunnninngになっています。

suspendとhaltの違いに簡単に触れますと、

suspendは、一時停止なので作業途中の状態の保存されるため、

保存容量を多く消費する代わりに、仮想マシン内で起動しているWebサーバーなども、

そのままの状態で復帰することができます。(vagrant resumeで復帰可能)

対してhalfは、suspendよりは、保存容量の消費が少なく済む代わりに、

WebサーバーやDBなども起動し直す必要があります。

どちらで終了しても、vagrant upで復帰可能です。

※vagrant suspend → vagrant upと、vagrant suspend → vagrant resumeの

細かな挙動については確認できていません。

 

Virtual Box 接続

VirtualBoxの機能を利用して接続することもできます。

まず、VirtualBoxを起動します。

Vagrant Virtual Box

VirtualBoxを起動すると、起動中の仮想マシン(VM)が一覧表示されます。

Vagrant Virtual Box

 

Vagrantで仮想マシンを立ち上げると、

vagrantfileが配置されているディレクトリ名_defaultという命名になりますので、

今回の例の場合、ubuntu_focal64_defaultとなります。

Vagrant file

目的の仮想マシンを選択して、表示ボタンをクリックします。

Vagrant Virtual Box start

しばらくすると、接続されてターミナル画面が表示されます。

Virtual Box ターミナル

 

環境によっては、入力を行おうとすると、

システム環境設定の変更を促されますので許可を行います。

mac システム環境設定

 

終了時には、VirtualBoxの操作方法通りに終了を行います。

 


 

今回のメモは以上となります。

Vagrantは、色々な構成の仮想マシンを簡単に利用できる様になりますので、非常に便利です。

仮想環境を整備したい方は、参考に頂ければと思います。


------------------------------------------ スポンサーリンク ------------------------------------------
都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 123

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る