AWS

AWS IAM ユーザー 作成

今回は、AWSのIAMユーザーを作成するメモです。

AWSには、2種類のユーザーが存在します。

  • ルートユーザー
  • IAMユーザー

一番初めにAWSに登録するとルートユーザーが作成されます。

ルートユーザーは、ユーザー追加だけでなく支払い関連の設定など、

AWSに関わる全ての作業を行える権限のユーザーです。

そのままルートユーザーだけで、AWSの管理を行うことは危険ですので、

権限を限定したIAMユーザーを作成して作業することが一般的です。

 

IAMユーザー作成

まず、ルートユーザーなど、

IAMを操作できる権限を持つユーザーでAWSにサインインします。

AWSのアカウントメニューのマネジメントコンソール等をクリックすると、

サインイン画面が表示されます。

ルートユーザーしか存在しない場合は、

ルートユーザーのEメールアドレスを入力して、サインインを行います。

サインインしたら、IAMの画面に移動します。

※サービスなどから選択します。

IAM画面を開いたら、アクセス管理のユーザーをクリックします。

その後、ボタンをクリックします。

ユーザーを追加画面が表示されたら、ユーザー名を入力します。

その後、アクセスの種類を選択します。

アクセスの種類は、ユーザーの用途に応じて選択しますが、最低1つは指定しないと作成できません。

パスワードは、特定のワードを指定したい場合は、カスタムパスワードを選択して入力する必要があります。

アクセスの種類コンソールのパスワードを指定したら、

活性化した次のステップ:アクセス権限ボタンをクリックします。

ユーザーをグループに追加画面が表示されたら、

任意のグループにユーザーを追加します。

後からでもグループに追加できるため、後回しにしたい場合は、

何も指定せずに、次のステップ:タグボタンをクリックします。

続けて、タグの追加を行います。

後からでもタグを追加できるため、後回しにしたい場合は、

何も指定せずに、次のステップ:確認ボタンをクリックします。

 

確認画面が表示されたら、内容を確認し問題なければユーザーの作成ボタンをクリックします。

正常にユーザー追加が行われると、成功の文字が表示されます。

なお、成功の部分に表示されているURLを利用してサインインページを開くと、

作成したユーザーのアカウントIDが入力された状態で表示されます。

 

 


 

今回のメモの内容は以上となります。

今回はIAMユーザー作成の部分のメモとなりました。

IAMユーザー作成以外の部分も今後メモしていきたいと思います。

 

 

 


------------------------------------------ スポンサーリンク ------------------------------------------
カテゴリー: AWSタグ :
都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 138

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る