PHP Visual Studio Code デバッグ 方法

今回は、VSCodeでPHPのデバッグを行う方法のメモとなります。

尚、デバッグはMAMPとxdebugを利用する想定であり、

php.ini等の設定も済んでいる前提でのメモとなります。

mac MAMP インストール PHP HelloWorld

mac PHP デバッグ 設定 xdebug

環境

・OS:mac OS Catalina 10.15.4(19E266)

・PHP:7.3.11

xdebug:2.9.5

・MAMP:5.7(396)

・VSCode:1.44.2

Microsoft Visual Studio Code


PHP Debug プラグイン インストール

VSCodeを起動して、EXTENSIONSを開きます。

検索ボックスにphpなどを入力して、検索を行います。

PHP Debugが表示されたらinstallをクリックします。

インストールが完了すると、Debug用のメニューが追加されます。


デバッグ設定 挙動確認

設定を行い、正常にデバッグを行えるか確認します。

後でも良いですが、一旦、デバッグテスト用のphpファイルを準備します。

準備したら、行番号の左隣をクリックして、ブレークポイントを設定しておきます。

その後、Debugメニューを開き、create a launch.json file の部分をクリックします。

Select Environmentが表示されたら、PHPを選択します。

選択すると、デバッグ設定ファイルのlaunch.jsonが生成されます。

その後、MAMPよりサーバーを起動します。

サーバーを起動したら、Debugメニューのところで、

RUNのプルダウンメニューが、Listen for XDebugになっていることを確認したのち、

実行の三角マークをクリックします。

この状態で、テスト用のphpファイルにブラウザでアクセスします。

アクセス方法は、直接、localhost:ポート番号/テストphpファイルと指定したり、

localhostのindexページからアクセスします。

アクセスすると、自動的にVSCodeの画面が活性して、

処理順が一番初めのブレークポイントで、処理が一時停止します。

この状態で、ステップオーバーのマークをクリックすると、次の行に処理が続きます。

※ fn + F10キーでも同様です。

最後まで処理が完了すると、実行結果が表示されます。


今回のメモは以上となります。

VSCodeは、他のIDEに比べたらデフォルトの機能が少し少ないかもしれませんが、

その分軽量で、サクサク快適に動作するので、個人的には好きなIDEです。

都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 82

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る