【 抜歯 メモ 】親知らず 抜きました 2

先日、以下の記事を書かせて頂いた通り、

私だけ、絶賛、抜歯期間中です(笑)

【 抜歯 メモ 】親知らず 抜きました 1

上記の記事を書いたときは、

まだ、1本しか抜いていない状況でしたが、

上記の記事を書いた1週間後に、もう一本親知らずを抜きました。

そして、昨日(3/6)、左下の親知らずを抜いたのでこれで3本抜いたことになります。

1本目(2/21):左上 親知らず

2本目(2/28):右上 親知らず

3本目(3/6):左下 親知らず

4本目(3/13):右下親知らず【予定】

 

予定通り、週一のペースで1本抜いています。

先に抜いて頂いた上の2本は、あまりトラブル無く、

現在は、さほど違和感無く生活出来ています。

 

 

前回と同様に、抜歯後のメモを残しておこうと思います。

敢えてメモを残す理由としては、

上の親知らずと、下の親知らずでは少し事情が異なるように感じている為です。

 

注意事項

前回のメモと同様に、完全に個人の経験であり、

専門家としての意見ではないので、

記載内容は、あくまでもこういった事例もあるんだなぁ程度の、

参考にして頂ければと思います。

トラブルやお悩みをお持ちの方は、

迷わず医師に相談し、指示を仰いでください。




親知らず 上下それぞれ 抜歯する際のリスク

個人差はあるそうですが、上下それぞれリスクがあるようです。

抜歯を検討する際に、以下についてもご説明頂きました。

上の親知らず

  • 親知らずを抜いた穴と、上顎洞という上顎の空洞が繋がって、何らかが併発してしまう

下の親知らず

  • 親知らずが、口周りの感覚神経に近いため、神経を圧迫・損傷してしまい、麻痺が発生してしまう

上記のトラブルに加えて、

口腔内の状況によっては、術後の痛みや腫れに悩まされる可能性もあるようですが、

私のように、次の日には、ほぼトラブルなく、

慣れるまでの多少の違和感程度で治ることも多いようです。


親知らず(下) 抜歯 術中について

上2本の親知らずとは、異なる点が2点有りました。

・麻酔注射が痛い

・麻酔が効きにくい

前回までの、上の2本の親知らずを抜歯した際は、麻酔を打って頂く際には、全く痛みはありませんでした。

一番初めに関しては、いつ麻酔を刺されたかも分からないくらいでした。

しかし、今回は麻酔を打って頂いた際に、チクリと痛みが有りました。

我慢出来ないほどではなかったのですが、刃物が刺された様な明確な痛みを感じました。

この痛みを感じたことが、今思えば、下の親知らずを抜く事の大変さを物語っている様に思います。

 

しかし、それより遥かに困った事は、麻酔が効きにくかった事です。

正確には、肝心の麻酔が効いて欲しい歯肉だけ麻酔が効きにくかったです。

下や唇は直ぐにビリビリと痺れる様な感覚が出てきたのですが、

麻酔を追加頂いても、歯肉は完全には痛みが消えず、

結局、抜歯作業が開始しても何とも言えない多少の痛みは残りました。

抜歯を行なって頂いた時間自体は、恐らく10〜15分程度で、

工程は、上の親知らずの時と同様でした。

 

完全に麻酔無しよりは、痛みが少なかったので耐える事が出来ましたが、

長時間続いた場合、音をあげていたかも知れません。。。

上の親知らずとは、比較にならないほど大変でした。

 


術後の様子について

・術後 直後

麻酔が効いており、舌・唇・下顎が腫れぼったい感じがして、痺れを感じます。

手術が終わった後、麻酔を多く打って頂いた事による周辺箇所の麻痺を強く感じました。

また、やはり歯肉にはあまり麻酔が効いていなかった様で、歯茎には鈍い痛みを感じました。

私の通っている歯科医では、会計時に、次の予約などを行うのですが、

下顎が痺れて上手く口を開ける事ができず、相手に伝わる様な声を出す事が辛かったです。

・1時間後

直後とほぼ変らず、相変わらず痛みないものの、歯肉と唇・下顎が腫れぼったい感じがします。

舌は時折、ピリピリした感覚が有ります。

上の親知らずを抜いた時とは比べ物にならないほど不快感が残っています。

鈍い痛みは相変わらずなので、麻酔が完全に切れる前に、痛み止めを服用しました。

歯肉に完全に麻酔があまり効いていなかったとは、それでも多少は和らげてくれているはずです。

完全に麻酔が切れる時の痛みを想像し、痛み止めを飲まずにはいられませんでした。

・2時間後

軽い事務作業を行なっていたのですが、不快感が続いてたため、

たまらず、少し寝ることにしました。寝て起きたら、症状が軽くなっていることを期待して、

夕方でしたが、眠りにつきました。不快感はありましたが、少し疲れも感じていたため、

わりかし直ぐに寝付く事が出来ました。

・3〜4時間後

睡眠を摂っていた為、自覚症状はありません。

・4時間後

起床後、痛み止めが効いたのか、大分不快感が無くなっていました。

舌・唇・下顎の痺れもほとんど無くなっていました。

大分、上の親知らずを抜いた時と同じ様な感じになってきました。

・24時間後

少し、抜歯した歯肉に違和感を感じますが、トラブルは発生していません。

食事も普通に取る事が出来ています。

 

・48時間後

多少、歯肉に違和感はあるものの、トラブルはありません。

 


 

以上となります。

ネットで少し調べてみると、

下の親知らずを抜いた後は、苦労されている方が多い印象ですので、

深江歯科クリニックBLOG

【抜歯後が辛い】親知らず抜歯とかいう、口内土木工事の拷問体験〜回復記録【下2本同時】

他の方に比べれば、私は軽度のトラブルで済んでいるように思います。

とはいえ、下の親知らずは、上とは比較にならないほど、痛く苦しかったです。

まだ、右側の親知らずの抜歯を残しているので、正直、次の金曜日が憂鬱です。。。

しかし、何年後かに、

また、同じような苦しみを味わうのは嫌なので、

虫歯になりやすい、親知らずは、この機会に全て抜いてしまおうと思っています。

その気持ちに変化はありません。

 

都内でエンジニアをやっています。 3年前に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 69

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る