Servlet Redirect リダイレクト パラメーター 送信 方法

Servlet Redirect パラメーター 送信 方法について、
Webシステムの作成学習の補佐を行なっている時に、

たまに質問を頂くのでメモをしておこうと思います。

 

しすろぐ – Servlet/Jsp –

 

Redirect リダイレクトでパラメーターを送信する方法

Redirect(リダイレクト)は、文字列としてURLを渡す形でしか実装できないので、

以下のように、sendRedirectメソッドに渡すURLの文字列に、パラメーターも含めて渡します。

 

HttpServletResponse.sendRedirect(request.getContextPath() + “URL?パラメータ=” + );

 

例、

// HttpServletResponse response
response.sendRedirect(request.getContextPath() + "/account/show?id=" + a.getId());

 


Redirect リダイレクト について

Redirect(リダイレクト)は、エラーページへ飛ばすとか、特定のページへ遷移させる場合に利用します。

また、Forward(フォワード)で行えない、別のサーバーも遷移先に指定する事ができます。

ただ、処理の流れで、リクエスト・レスポンスを2回行うので、

Forward(フォワード)よりも遅い事と、ブラウザに表示されるURLが変化します。

インタフェース HttpServletResponse sendRedirect

 


Forward フォワード について

Forward(フォワード)は、一般的な画面遷移の実装に利用します。

同一サーバー内の遷移しか実装できませんが、Redirect(リダイレクト)より、

処理がシンプルで、処理が早いですし、

実装上でも、paramを設定する場合に、URLに文字列で設定したりせずに、

HttpServletRequestで提供されている機能を利用できるので便利です。

インタフェース RequestDispatcher forward

 


 

以上が、Servlet Redirect パラメーターを送信する方法のメモになります。

細かな内容を抑えておらず、簡単な概要程度のメモになりますが、ご了承ください。


都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 139

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る