Ubuntu Docker インストール Vagrant

今回は、UbuntuにDockerをインストールするメモとなります。

詳しくは、環境の部分に記載させて頂きますが、

macにVagrant・VirtualBoxを導入してUbuntuを仮想建てしたところに、

さらに、Dockerを導入した際のメモとなります。

mac Vagrant インストール 仮想環境 接続

 

基本的には、以下の説明を参考に試した内容となります。

まずは、こちらの公式の説明をご確認頂くことをオススメします。

https://docs.docker.com/engine/install/ubuntu/

 

環境

・OS:mac OS Catalina 10.15.6

・Vagrant:2.2.14

・VirtualBox:6.1.16 r140961 (Qt5.6.3)

・Ubuntu:20.04.1 LTS (GNU/Linux 5.4.0-65-generic x86_64)

Boxイメージ:https://app.vagrantup.com/ubuntu/boxes/focal64

 


インストール対象

・Docker:20.10.2, build 2291f61

 


Docker インストール前 準備

Dockerをインストールする前に、前提ソフトウェアの準備などを行います。

まずは、準備を行うためにUbuntuに接続します。

今回は、Vagrantで仮想建てしているため、ターミナルからvagrant sshで接続します。

vagrant ssh

 

・パッケージインデックスの更新

続けてapt-getの最新化を行います。

最新に保たれていれば、実施する必要はありませんが、

最新化する場合、以下のコマンドで行います。

 

・前提ソフトウェアのインストール

次に、必要なソフトウェアのインストールを行います。

一つずつインストールしても良いですが、

まとめてインストールする場合、以下の様に実施します。

尚、インストール実行時に、

インストールを実行しても良いか確認が入る場合があります。

「Y/n」の入力を求められるので、確認後Yを入力します。

※私の場合、ディスク使用量の確認でメッセージが表示されました。

 

・Docker公式 GPG公開鍵 追加

続けて以下のコマンドで、docker公式のGPG公開鍵をインストールします。

※GPG(GNU Privacy Guard)とは、暗号化・復号化のツールです。今回の場合、docker のパッケージを復号化する為に予め追加します。
https://gnupg.org/

 

・フィンガープリント Dockerキー 存在確認

公開鍵を追加したら、以下のコマンドでDockerのキーが追加されていることを確認します。

0EBFCD88が存在していれば、正常に追加されています。

 

・aptリポジトリ設定

キーの追加が完了したら、以下のコマンドで取得を行うリポジトリを登録します。

 

リポジトリの登録まで完了したら、念のため、apt-getのアップデートを再度行います。

 

Docker インストール

準備が終わったら、Dockerのインストールを以下のコマンドで行います。

実行時に確認「Y/n」を求められるのでYを入力します。

 

Docker 確認

installでエラーが起きなければ正常にDockerがインストールされているはずですが、

念のため、サンプルのコンテナを起動して、挙動確認を行います。

上記のコマンドを実行して、「Hello from Docker!」という文字と、説明が表示されればDockerは正常に動作しています。

Dockerが動作している場合、以下のコマンドでバージョン確認も行えます。

 


 

今回のメモ内容は以上となります。

Vagrantを利用した上でDockerを導入すれば、

本番環境の構成を再現しやすいので重宝します。

 


------------------------------------------ スポンサーリンク ------------------------------------------
都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 123

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る