mac VirtualBox インストール

今回は、macの環境にVirtualBoxをインストールするメモとなります。

個人的には、Vagrantを動かしている時にターミナルでsshする以外で接続したい時や、

CUI版のOSを仮想環境で動作させたい場合に、VirtualBoxをよく使用しています。

環境

・OS:mac OS Catalina 10.15.6

 


インストール対象

・VirtualBox:バージョン 6.1.16 r140961 (Qt5.6.3)

 


インストーラー取得

まずは、公式サイトからインストーラーを取得します。

以下の公式サイトにアクセスし、環境OS毎のエンストーラーを取得します。

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

VirtualBox 公式ページ

今回の場合、macOS用を取得しました。

VirtualBox ダウンロード

 


インストール

取得したインストーラーをダブルクリック等で起動します。

VirtualBox インストール

macの場合、pkgファイルがインストーラーですので、

pkgをダブルクリックします。

VirtualBox インストーラー

 

インストーラーを起動すると、信頼性の確認メッセージが表示される場合がありますので、

表示された場合には続けるを選択します。        

VirtualBox インストール

インストール開始画面が表示されたら、続けるを選択します。

VirtualBox インストール

インストールの種類が表示されたら、そのままインストールボタンをクリックします。

※VirtualBoxがインストールされる場所を指定したい場合、

インストール先を変更をクリックして、任意の場所を指定します。

VirtualBox インストール

インストールをクリックすると、ユーザー名・パスワード入力を促される場合があります。

それぞれを入力後、ソフトウェアをインストールを選択します。

VirtualBox インストール

ソフトウェアをインストールボタンをクリックすると、インストールが開始されます。

 

尚、環境によってはインストール中に、拡張機能がブロックされる可能性があります。

以下のメッセージが表示された場合、システム環境設定から許可する必要があります。

VirtualBox インストール

“セキュリティ”環境設定を開くボタンをクリックするか、

システム環境設定のセキュリティとプライバシーから、セキュリティ設定画面を開きます。

セキュリティ設定

セキュリティ設定

一般タブに、ブロックされましたの表示が行われていますので、

一旦、許可できる様に、鍵マークをクリックします。

その後、許可ボタンをクリックします。

セキュリティ設定 アプリ起動

許可を行うとインストールが正常に行われます。

インストールが完了すると完了が表示されます。

VirtualBox インストール 完了

 


VirtualBox 起動

Finderのアプリケーションに存在するVirtualBoxをダブルクリックするか、

VirtualBox 起動

Launchpadの一覧に表示されている

Launchpad

VirtualBoxをクリックします。

VirtualBox 起動

VirtualBox 起動

 


 

今回のメモは以上となります。

VirtualBoxは、他の仮想化ソフトと比べると重い印象ですが、

無料ですし、手軽に使えるので便利な仮想化ソフトです。

グラフィック系のGUI版OSを動作させる場合、

有償版のVMwareやParallelsなどを利用するケースが多いですが、

Web開発用などで、CUI版OSを動作させるには十分な機能を備えています。

 


------------------------------------------ スポンサーリンク ------------------------------------------
都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 123

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る