TablePlus インストール PostgreSQL 接続

今回は、データベースのクライアントツールである、

TablePlusのインストール手順と、TablePlusからPostgreSQLに接続する手順のメモとなります。

たまに、PostgreSQLを利用するのですが、

Macで利用できるクライアントツールが限られているので、

試しにTablePlusを利用してみることにしました。

 

尚、接続対象のDBは、以下の記事で作成したデータベース・テーブルを想定しています。

HomebrewでPostgreSql インストール DB テーブル 作成

 

環境

・OS:mac OS Catalina 10.15.4(19E266)

 


インストール対象

・TablePlus:version 3.4.0

※無料トライアルの範囲での利用を想定しています。

 


インストーラー取得

まずは、以下の公式サイトより、インストーラーを取得します。

TablePlus

OS毎のダウンロードボタンが用意されていますので、ダウンロードを行います。


インストール

インストーラーを取得したら、finder等でdmgファイル確認して実行します。

インストーラーを実行すると、Applicationsへの追加画面が表示されますので、

TablePlus.appをApplicationsにドラッグアンドドロップします。

正常にインストールされれば、Launchpad等に表示されます。

 


TablePlus起動

Launchpad等から起動を行います。

環境次第では、起動確認メッセージが表示されますので、開くを選択します。

アプリケーションが開始されると、スタート画面が表示されます。


DB接続

起動を確認できたら、DB接続を行なっていきます。

“right click”という文言通り、空いているスペースで右クリックメニューを表示させます。

New -> Connectionで新しい接続設定を行えます。

データベースの種類を選択する画面が表示されたら、目的のデータベースをダブルクリックするか、

選択後、createボタンをクリックします。

今回は、PostgreSQLを選択します。

接続設定の画面が表示されたら、

以下を入力して、接続確認用のTestボタンをクリックします。

Name:TablePlus上に表示させる名称

Host/Socket:接続先IP

※ローカルにPostgreSQLをインストールしており、

接続設定を変更していない場合、127.0.0.1のままになっていると思われます。

User:ロール名を指定します。

Password:ロールのパスワードを設定します。

Database:接続先のDBを指定します。

Testの結果、正常に接続できる場合は、入力欄がグリーンの状態に着色されます。

 

全て問題なければ、Connectボタンをクリックします。

正常に接続されると、メイン画面が表示されます。


テーブル確認

接続情報のロールで確認できるDBテーブルは、Tablesのところから確認できます。

テーブル名をクリックすると、テーブル内容が表示され、

表の部分でデータの追加・削除・変更を行えます。

編集を行うと、編集した部分の色が変化します。

command + s のショートカットキーを実行すると、内容が更新されます。


SQL実行

SQLを実行したい場合には、SQLアイコンをクリックします。

クリックすると、SQL Queryタブが表示されるので、

SQL文を記述して、Run Current ボタンをクリックすると、

SQL文が実行されて、実行結果が下の部分に表示されます。


 

今回のメモ内容は、以上となります。

無料の範囲でも、基本的なDB操作は一通り行えます。

Mac用のクライアントツールが、開発中止になったりしていることが多いので、

他の選択肢を試せない場合、重宝すると思います。

都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 82

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る