mac Node.js npm インストール

今回は、macにNode.jsとnpmをインストールする手順のメモとなります。

 

インストールは、Node.js公式のインストーラーを利用します。

複数のバージョンのNode.jsを扱う場合、

Nodebrew等のツールを利用してインストールした方が、何かと便利ですが、

そうでない場合、公式のインストーラーを利用する方がシンプルで良いと思います。

 

正直、あまりNode.jsは使った事がないのですが、npmはよく利用します。

npmは、JavaScriptのパッケージマネージャーで、

Node.jsをインストールすると同時にインストールされます。

環境

・OS:mac OS Catalina 10.15.4(19E266)


インストール対象

・Node.js:v12.16.2

・npm:6.14.4

 


インストーラー取得

Node.jsのインストーラーを、以下の公式サイトから取得します。

Node.js

推奨版、もしくは最新版のボタンをクリックすると、インストールが開始されます。


インストーラー実行

インストーラーのダウンロードが完了したら、Finder等で確認して実行します。

インストーラーを起動すると、

Node.jsとnpmがインストールされるパスが表示されるので確認しておきます。

確認後、続けるボタンをクリックします。

その後、使用許諾契約が表示されたら、内容を確認し、続けるボタンをクリックします。

続けるボタンをクリックすると、同意確認が表示されるため、

使用許諾契約を確認し、同意するボタンをクリックします。

その後、インストール先の確認が表示されるため、

表示されているインストール先にインストールする場合、続けるボタンをクリックします。

※ストレージが複数存在しており、デフォルト以外にインストールする場合、対象をクリックします。

インストール先を変更したい場合、インストール先を変更ボタンをクリックして、変更してから、

インストールボタンをクリックします。

インストール確認メッセージが表示されたら、

Touch IDを利用するか、パスワード認証を行います。

正常に認証が行われると、インストールが実行され、

完了するとその旨が表示されるので、閉じるボタンをクリックします。


バージョン確認

インストールが完了したら、

ターミナル等を開いて、挙動確認も兼ねてバージョン確認を行います。

それぞれ、以下のコマンドで確認を行えます。

Node.js バージョン確認コマンド

node -v

npm バージョン確認コマンド

npm -v


 

以上となります。

JavaScriptのパッケージ等を利用する場合、

npmを利用することになるので、

Node.js自体を利用しなくても、npmを利用する機会は多いと思います。

参考に頂ければと思います。


------------------------------------------ スポンサーリンク ------------------------------------------
都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 138

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る