mac Node.js npm インストール

今回は、macにNode.jsとnpmをインストールする手順のメモとなります。

 

インストールは、Node.js公式のインストーラーを利用します。

複数のバージョンのNode.jsを扱う場合、

Nodebrew等のツールを利用してインストールした方が、何かと便利ですが、

そうでない場合、公式のインストーラーを利用する方がシンプルで良いと思います。

 

正直、あまりNode.jsは使った事がないのですが、npmはよく利用します。

npmは、JavaScriptのパッケージマネージャーで、

Node.jsをインストールすると同時にインストールされます。

環境

・OS:mac OS Catalina 10.15.4(19E266)


インストール対象

・Node.js:v12.16.2

・npm:6.14.4

 


インストーラー取得

Node.jsのインストーラーを、以下の公式サイトから取得します。

Node.js

推奨版、もしくは最新版のボタンをクリックすると、インストールが開始されます。


インストーラー実行

インストーラーのダウンロードが完了したら、Finder等で確認して実行します。

インストーラーを起動すると、

Node.jsとnpmがインストールされるパスが表示されるので確認しておきます。

確認後、続けるボタンをクリックします。

その後、使用許諾契約が表示されたら、内容を確認し、続けるボタンをクリックします。

続けるボタンをクリックすると、同意確認が表示されるため、

使用許諾契約を確認し、同意するボタンをクリックします。

その後、インストール先の確認が表示されるため、

表示されているインストール先にインストールする場合、続けるボタンをクリックします。

※ストレージが複数存在しており、デフォルト以外にインストールする場合、対象をクリックします。

インストール先を変更したい場合、インストール先を変更ボタンをクリックして、変更してから、

インストールボタンをクリックします。

インストール確認メッセージが表示されたら、

Touch IDを利用するか、パスワード認証を行います。

正常に認証が行われると、インストールが実行され、

完了するとその旨が表示されるので、閉じるボタンをクリックします。


バージョン確認

インストールが完了したら、

ターミナル等を開いて、挙動確認も兼ねてバージョン確認を行います。

それぞれ、以下のコマンドで確認を行えます。

Node.js バージョン確認コマンド

npm バージョン確認コマンド


 

以上となります。

JavaScriptのパッケージ等を利用する場合、

npmを利用することになるので、

Node.js自体を利用しなくても、npmを利用する機会は多いと思います。

参考に頂ければと思います。

都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 82

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る