【 抜歯 メモ 】親知らず 抜きました 1

突然ですが、本日、親知らずを1本抜きました。

初めて、親知らずを抜いたというか、

そもそも抜歯の経験自体が初めてで、

抜いてみて初めてわかった事がありますので、メモしておこうと思います。

中々、歯を抜く機会が無く、

突然抜くことになると皆、不安になると思います。

あくまでも、私の個人的な結果となりますが、少しでも参考になれば幸いです。

私の歯科医へのかかり状況

私は、今まで、あまり歯のトラブルに悩まされた事がなく、

去年、歯石取りを行なったのですが、

それより以前に歯医者にかかったのは、高校2年生の時が最後でした。

つまり、10年以上、歯医者にかかっていない状態でした。

去年、歯石取りをお願いした時も、

純粋に歯石取りを行なって頂いただけで、健診等は含まれていませんでした。

現在、年齢が30歳という節目であり、

区から節目健診の案内などが色々届いていたので、

そろそろ、体のことも気をつけていかなければいけないかな〜という気持ちで、

今年は、歯科検診に行ってみようかと、

軽い気持ちで、10数年ぶりの歯科健診を先週に受けてきました。


10数年ぶりの健診結果 -親知らずを抜くことになった経緯-

結論から先にお伝えしてしまいますと、

私には、上下左右全てに親知らずが生えているのですが、

4本全てに虫歯が出来ていて、抜歯もしくは治療が必要な状態でした。

※親知らずに隣接している歯も虫歯の疑いがあるようですが、抜歯後様子を見る事となりました。

去年、歯石取りをしてもらった時に、

歯科衛生士さんに、軽く自分の歯について聞いてみたところ、

非常に長いこと歯医者さんにかかっていらっしゃらなかった為、

歯石自体は、非常に溜まっていましたが、歯自体は綺麗でしたよ〜

という回答を頂いていました。

その為、多少虫歯はあるかもしれないが、

大したことにはならないだろう。

そう思っていたので、

親知らず全てが虫歯と聞かされた時には、流石に驚きました。

特に上部2本の親知らずは、虫歯の進行が進んでいるようでして、

こちらはなるべく抜いた方が良いと伺いました。

普段から、親知らずはあまり手入れができていない事を、私は自覚していましたので、

これはいい機会だと思い思い切って、

4本全てを抜くことにしました。

※私がかかった歯医者さんでは、

親知らずを複数を同時に抜くことは、基本的には行なっておらず、

1週間ごとに1本づつ抜くことになりました。

 

また、親知らずは、健康な歯であれば、残しておくことにも意味があるそうです。

別の奥歯が無くなった際に、移植するなどの活用方法もあるようです。

ですが、私は、自分できちんと手入れを行う自身がないので、

虫歯の進行があまり進んでいない親知らずも全て、抜いてしまうことにしました。

 

以上が、10数年ぶりに歯科検診を受けた結果であり、

抜歯することになった経緯です。


親知らず(上) 抜歯 術中について

現時点(2020/2/21)では、まだ上の左側の親知らず1本しか抜いていませんが、

その1本は、思っていた以上に、遥かに簡単に抜いて頂きました。

素人考えでは、親知らずは、抜く事が難しそうですし、

大変そうですが、かなりの短時間で抜いてもらえました。

  • 麻酔注射:数十秒
  • 麻酔が効いてくるまで待機:10分ほど
  • 抜歯:10分ほど

具体的な工程は、上記のみでした。

特に麻酔は、注射瞬間が分からないくらい、何も感じませんでした。

抜歯を行う際には、口の中で、歯をグリグリされて凄い音が響いていましたが、

痛みは全くなく、施術を受けている側としては、

想像していたよりも遥かに苦無く処置頂きました。

私の親知らずは、全て歯が顔を出しているので、埋没しているよりは、抜きやすいようです。

また、虫歯が進行している歯の場合、抜歯する際に、痛みが伴いやすいようです。

大人の親知らずは抜くべき?抜歯後の痛み・腫れの予防・軽減方法などを解説【歯科医師監修】





術後の様子について

・術後 直後

まだ麻酔が効いており、少し歯茎が腫れぼったい感じはしますが、痛みはありませんでした。

血もそこまで出ませんでした。

・1時間後

腫れぼったい感じはだいぶ治りました。それ以外は、術後と特に代わりは有りませんでした。

・2時間後

麻酔が切れてきて、歯茎からズキズキとした痛みが始まりました。

・3時間後

歯茎の痛みが強くなり、痛みのせいで、頭痛までしてきました。

夜食事をする約束をしていたのですが、約束をしていたことを後悔するくらい痛みが出てきました。

処方された痛み止めを飲むか悩みましたが、飲みませんでした。

・4時間後

だんだん、ズキズキとした痛みが引いてきました。

これぐらいであれば、痛み止めを飲まなくても平気かなぁと思いました。

・24時間後

全く痛みはなく、普段通りに生活できています。

・48時間後

抜歯したところは、特に支障なく痛み等、ほぼありません。

ただ、口内炎が下に出来てしまいました。

2本目を抜く際に相談を行なったところ、麻酔が効いている術中か後に、

何らかの拍子に下を傷つけてしまったのではないかとの事でした。

処方頂いた軟膏を付けると、1・2日程度で治りました。

 


まとめ

まだ、1本しか抜いていませんが、

親知らずを抜くことは、思ったよりも辛くなく済ませる事ができました。

良い歯医者さんに当たったのかもしれませんが、

麻酔くらいは痛いだろうと思っていたので、全く痛くなくて驚きました。

  • 親知らずの抜歯も痛く無い場合もある
  • 麻酔も痛く無い場合もある(色々な方法があるようです)
  • 術後は、麻酔が切れた時は、痛みが発生しますが、一般的な活動は十分行える
  • 酷くなってから、治療を受けると、治療中に痛みを伴う可能性も上がるため、
    定期的な歯科健診は欠かさず行う

以上となります。

あくまでも、私の個人的な経験に基づいてメモさせて頂きました。

人によって個人差もあると思いますので、

詳しくは歯科医に相談を行うことをお勧めします。


------------------------------------------ スポンサーリンク ------------------------------------------
都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。 お仕事のご相談などは、以下サイトのコンタクトよりお気軽にご連絡下さい。
投稿を作成しました 95

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る