Python PyCharm インストール

以前まで、ちょっとしたpythonのコードを書くときは、

VsCodeを利用して書いていました。

しかし、JavaやKotlinのIDEで有名なJetBrains社が、

python用のIDEとしてPyCharmというIDEを公開しているので、

試しに利用を始めています。

インストールを行なった際のメモを残しておこうと思います。

今回の内容は、mac環境へのインストールです。

 

 

PyCharm インストーラー取得

以下の公式サイトにアクセスしてインストーラーを取得します。

JetBrains PyCharm

まず、公式サイトのダウンロードボタンをクリックします。

ダウンロードボタンをクリックすると、ダウンロードページに遷移します。

Professionalコミュニティから選択できます。

今回は、コミュニティを選択します。

どちらもダウンロードボタンをクリックすると、自動的にダウンロードが開始されます。

 

 


PyCharm インストーラー実行

 

ダウンロードが完了したら、Finder等でダウンロードファイルを開きます。

ダウンロードファイルを確認したら、

ダブルクリック等で、インストーラーを起動します。

インストーラーを起動したら、表記されている通り、Applicationsにドラッグを行います。

ドラッグして、Applicationsにコピーが完了するとインストールされているので、

Launchpad等で確認するとアイコンを確認することができます。

 


 

PyCharm起動

 

PyCharmのアイコンを、Launchpad等でクリックして起動します。

以下のような確認メッセージが表示されたら、開くを選択します。

初回起動の場合、設定ファイルのインポート確認メッセージが表示されます。

初回の場合、特に設定ファイル等も用意がないと思いますので、そのままOKボタンをクリックします。

OKボタンをクリックすると、PyCharmが起動します。

起動すると、ショットカットキー等のKeymap設定の選択画面が表示されます。

起動後に変更もできますので、特に理由がなければ、デフォルトのまま、

Next:UI Themesボタンをクリックします。

UI配色の選択画面が表示されたら、好みの配色を選択して、Next:Launcher Scriptボタンをクリックします。

次に、コマンドラインからPyCharmを起動するための設定画面が表示されます。
コマンドライン起動を行いたい場合、チェックを入れて、設定ファイルの保管パスを指定します。

利用する予定がなければ、そのまま、Next:featured pluginsボタンをクリックします。

○参考:https://pleiades.io/help/pycharm/working-with-the-ide-features-from-command-line.html

次に、プラグイン設定画面が表示されたら、必要に応じてプラグインをインストールした後、

Start using PyCharmボタンをクリックします。

PyCharmが起動します。

 


 

以上が、PyCharmのインストールを行う流れとなります。

無料のcommunity版でも、pythonの開発を行うには申し分無い性能を有しております。

しかし、有償版を利用すると、Webフレームワークへのサポートの他に、

リモートデプロイ機能などを有しており、中々便利のようです。

今後、Professionalに触れる機会もありそうなので、こまめにメモしておこうと思います。

 

続きの以下の記事では、PyCharmを利用して、

PythonでHelloWorldを表示させるところまでメモしておこうと思います。

Python PyCharm HelloWorld

 


 



都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 82

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る