Google スプレッドシート ドキュメント 作成した アドオン 表示方法

最近、Google Sheets ( グーグル スプレッドシート )、

Google Docs ( グーグル ドキュメント )の資料を確認したり、

メモを残しておく機会が増えました。

この二つでは、Microsoft Officeのマクロのように、

自分で開発したアドオンを動作させることができます。

 

しかし、初めて自分でアドオンを作ってみると、

そもそも、作成したアドオンをどうやって表示させたら良いか分からなかったので、

メモをしておこうと思います。

 

Google Sheets ( グーグル スプレッドシート )

gsファイルに、以下のコードを挿入します。

function onOpen(e) {
  SpreadsheetApp.getUi()
   .createAddonMenu()
   .addItem('アドオン名', '実行Function')
   .addToUi();
}

 

コードを挿入すると、メニューのアドオンに、追加したアドオン名が表示されます。

 

 


Google Docs ( グーグル ドキュメント )

gsファイルに、以下のコードを挿入します。

function onOpen() {
  DocumentApp.getUi()
   .createAddonMenu()
   .addItem('アドオン名', '実行Function')
   .addToUi();
}

 

 

コードを挿入すると、メニューのアドオンに、追加したアドオン名が表示されます。

 

 

 


 

◯参考:Google Apps Script

 

以上が、Google Sheets ( グーグル スプレッドシート )、Google Docs ( グーグル ドキュメント )で、

単純に、メニューに作成したアドオンを表示する方法となります。

両方とも、アドオンに表示する GoogleApps コードを挿入することで表示されます。

アドオンの部分に表示するのではなく、

独自メニューとして表示する方法もあるようですので、

実装を行なったら、再度メモをしていこうと思います。

 


都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 139

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る