Tomcat web.xml 基本 設定方法

JavaでWebアプリケーションを実装する場合、

appサーバーとして、tomcatなどを利用すると思います。

フレームワークによって設定ファイルは異なりますが、

tomcatを利用する場合、urlに対応して起動するサーブレットの設定などは、web.xmlで行います。

今回は、servlet ver2.3での、web.xmlの最低限必要な設定をまとめておきたいと思います。

 

 

設定対象プロジェクト

まず、対象プロジェクトは、以下とさせて頂きます。

存在するファイルは、web.xmlの他には、jsp1つとservlet1つです。

HelloWorldを表示させるだけの非常にシンプルなプロジェクトです。

 

 

プロジェクト実行結果

実行結果も、簡単なhtml表示とコンソールログを出力するだけの内容となります。

 

 

web.xml設定内容

結論ですが、今回のプロジェクトの内容の場合、web.xmlは、以下の様に設定します。

 

1、xmlタグ

一番初めのxmlタグは、バージョンとエンコード指定を行います。

ただし、上記の記述方法は、J2EE2.3の表記方法(DTDベース)であり、

J2EE2.4以降からは、XMLSchemaベースへと変更されている模様です。

しかも、各バージョンで細かく指定名称が異なっているようです。

◯参考:KATSUMI KOKUZAWA’S BLOG – web.xmlのバージョン別DTD・XSDの宣言方法 –

※servlet3.0の例

 

2、web-appタグ

基本的に、案件単位でプロジェクトを作成する場合、

一つのweb-appタグ内に、全ての情報を組み込むことになると思います。

 

3、servletタグ

3−1、servlet-nameタグ・servlet-classタグ

記載方法として、/プロジェクト名/src/をカレントディレクトリと想定した、

相対パスで記載を行う必要があります。

 

4、servlet-mappingタグ

4−1、servlet-nameタグ・url-patternタグ

servlet-nameタグには、動作するサーブレット名を指定し、

url-patternには、サーブレットをcallするためのurlを指定します。

尚、url-patternの前の名前空間は、Webコンテナ名称になるため、

今回のプロジェクトの場合、WebSample01になります。

 

◯参考情報

・oracle – web.xml デプロイメント記述子の要素 –

・oracle – Java™ EE at a Glance –

 


 

尚、当たり前ですが、既存のファイルと同様に、

新しいHelloWorld.java(サーブレット)と、jspを同じ配置で作成した場合、

以下のようにweb.xmlに行うことが可能です。

 


 

以上が、最低限のweb.xmlの設定内容になります。

web.xmlは正しく設定しないと、ハマりどころになるため、

修正を行う際には、注意して行いたいところです。

 

都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 82

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る