mac Linux 環境変数 PATH変数 設定方法

mac、Linux等での環境変数についてのメモです。


Shell(シェル)について

前提として、コマンドライン上で実行されるShell(シェル)は、OS・バージョンによって異なります。

Shell(シェル)によって、設定ファイルや挙動が異なることもありますので注意が必要です。

・Shell(シェル)確認コマンド

現在の実行Shell(シェル)は、以下のコマンドで確認します。

echo $SHELL

echo $SHELL

/bin/zsh、/bin/bashなどになるかと思います。


環境変数 設定ファイルについて

Shell(シェル)によって、設定ファイルが異なります。また、例えばzshだとしても、

zshrc、zprofile、zshenv、zlogin、zlogoutなど種類があり、種類によって用途が異なります。

ただ、ターミナルなどで全般的に使用したい場合、以下のファイルで事足りると思います。

  • zsh.zshrc
  • bash.bash_profile

また、配置場所も注意が必要で、

ホームディレクトリの設定ファイルが優先されます。

・ホームディレクトリ確認コマンド

echo $HOME

尚、~(チルダ)がホームディレクトリを意味しますので、

以下などで設定ファイルを指定することが多いです。

~/.zshrc

~/.bash_profile


mac bash(環境変数・PATH)設定 例

 ~/.bashrcに設定を記述する

vi ~/.bash_profile

 

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

※設定したい内容に変更します。(こちらは、nodebrewを設定した時のもの)

export PATH=$PATH:追加したいコマンド検索パス

設定ファイル 変更内容反映コマンド

source ~/.設定ファイル名

環境変数 確認コマンド

mac・Linuxであれば、以下のコマンドでも、現状の環境変数を確認できます。

env
printenv

ubuntulinux

RedHat Linux

都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 165

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る