Go言語 GoLang デバッグ設定 Visual Studio Code

今回は、Visual Studio Codeで、

Go言語のデバッグ設定を行う方法をまとめたいと思います。

前提

  • OS:Windows10 64bit
  • Visual Studio Code version

  • Go version

 


VsCode Go拡張機能 インストール

まず、VsCodeを起動します。

拡張ボタンをクリックします。

上部の検索バーでGoを検索し、インストールを行います。


Go デバッグツール delve インストール

次に、デバッグツールである、delve をインストールをします。

github delve

delveは、ソースのワークスペースとなるGOPATHのディレクトリにインストールを行います。

以下のコマンドで、インストールが実行されます。

go get github.com/derekparker/delve/cmd/dlv

インストールが完了すると、GOPATHのディレクトリに、binフォルダが作成されてexeが配置されます。

次に、VsCode側のdelveの設定を行います。

設定を行うためにF1キーを押下します。

その後、検索ボックスに、Select the tool to install/updateを入力します。

幾つか項目が表示されたら、dlvにチェックを入れて、OKボタンをクリックします。

すると、インストールが実行され、完了するとSuccessfullyの文字が表示されます。

 


デバッグ動作確認

実際にデバッグの動作確認を行います。

他のIDEと同じ要領で、

ブレークポイントは、行数の隣付近をクリックすると付け外しが出来ます。

準備が出来たら、デバッグ -> デバッグの開始を選択します。

デバッグを実行すると、ブレークポイントの位置が一番初めのところまで処理が行われます。

デバッグ操作の表示通り、ステップイン(F11)、ステップオーバー(F10)などの操作を行えます。


 

以上が、Visual Studio Codeで、

ステップ実行等のデバッグ動作を行うための方法となります。

前提として、Go言語のインストールと、VsCodeのインストールを完了しておく必要がります。

Go言語のインストールは、下記にまとめてありますので、

宜しければ参考にして頂ければと思います。

GoLang Go言語 インストール Hello World


都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 138

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る