Elm

Elm インストール Hello World表示

今回は、AltJsの一つであるElmを導入してHello Worldを実行してみたいと思います。

Elmには、reactorというサーバーが内蔵されていますので、それを利用して、

ブラウザ上に、Hello Worldの文字を表示させます。

 

導入環境は、windows10 64bitで、Elm0.19をインストールします。

インストールは簡単に行えます。

導入環境が異なっていても、わりかし同じ要領でインストール可能だと思います。

また、reactorを実行する手順もelmコマンドを利用しますので、

どの環境でも同様の手順で実施できると思います。

 

 

Elmインストール

まず、Elmを実行するための環境を作成します。

以下のサイトにアクセスし、インストーラーを取得します。

Elm インストール

インストーラーを取得したら実行を行います。

セットアップウィザードが起動したら、Next >ボタンをクリックします。

インストール選択画面が表示されたら、インストールを行う場所を選択します。

選択後、Next >ボタンをクリックします。

通常通り、インストールする形でよろしければ、Standardのまま、Next >ボタンをクリックします。

コンピューターに作成されるフォルダ面を指定して、Installボタンをクリックします。

Finishボタンをクリックして、インストール完了です。

Elmのインストールフォルダを確認しますと、以下の様になっています。

/binフォルダの中に、elm.exeが存在します。

コマンドプロンプトで、elm.exeが存在するディレクトリに移動して、

elmというコマンドを実行すると、インストールされたelmのバージョンを確認できます。

 

続けて、環境変数の設定を行います。

※以下は、Elm特有の手順は有りませんので、他のプログラム言語と同様の設定手順となります。

 

elm.exeが存在するフォルダのパスを、環境変数に設定します。

以下のフォルダを例にすると、「C:\tools\elm\0.19\bin」が設定パスとなります。

 

コントロールパネル -> システムとセキュリティ -> システム -> システムの詳細設定

環境設定(N)ボタンをクリックします。

Pathを選択し、編集ボタンをクリックします。

新規(N)を選択して、elm.exeが存在するパスを登録します。

 

Elmファイル作成・コンパイル

プログラムを作成するフォルダを作成します。

コマンドプロンプトで、プログラムを作成したいフォルダに移動します。

その後、elm initというコマンドを実行します。

elm initコマンドは、elmのプロジェクトを作成するコマンドです。

実行後、プロジェクトを構成するelm.jsonファイル等を作成するか確認が表示されます。

表示されたら、Yを入力します。

無事に実行されると、Okay, I created it. Now read that link!というメッセージが表示されます。

そして、対象のフォルダを確認すると、srcフォルダと、elm.jsonファイルが存在します。

今後は、srcフォルダにソースファイルを作成していきます。

srcフォルダ内に、HelloWorldを出力するファイルを作成します。

ファイルの内容は、以下の様に記述します。

ファイルの内容を修正したら、コンパイルを実行します。

elm make src/コンパイルファイル名という形で、コマンドを実行します。

コンパイルが正常に完了すると、フォルダ構成が以下の様になります。

 

reactor Httpサーバー起動・Hello World表示

ファイルのコンパイルまで済んだら、いよいよ、httpサーバーを起動します。

httpサーバーの起動は、コンパイル済みのファイルが存在するフォルダで、

elm reactorというコマンドを実行します。

サーバーが起動したら、ブラウザでhttp://localhost:8000にアクセスします。

index.htmlをクリックすると、コンパイル後のhtmlファイルをブラウザ表示することが出来ます。

Hello Worldを表示することが出来ました。

尚、srcをクリックして、作成したelmファイルをクリックしても同様のページ表示が行われます。

これで、Hello Worldを表示することが出来ました。

正確に言えば、コンパイルが完了した時点で、変換されたhtmlファイルが出力されますので、

こちらからも同様の結果を確認することが出来ます。

尚、httpサーバーの停止は、コマンドプロンプト上で、

ctrl + c のキーを同時押しすることで、停止することが出来ます。

 


 

altJsは、TypeScriptなどが有名ですが、

ネットサーフィンをしていると、よくElmは楽しいという意見を見かけます。

まだ、あまりElmは触ったことがありませんが、

比較的簡単に検証できるため、少し勉強してみようと思います。

IDEは、vsCodeが人気な印象です。

また、専用のオンラインエディタが存在するようなので、

それらも試してみたいと思います。

ある程度確認出来たら、また、記事にしてみたいと思います。

都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 82

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る