AWS

AWS Budgets Billing 予算 アラート 設定

今回は、AWSの利用料金アラートのメモとなります。

料金が発生したら、請求が発生する旨のアラートを投げるように設定しておくと、

予期しない請求に早期に対応できますので便利です。

 

ただし、AWSにはアラートを設定できる機能が複数あります。

  • Billingの設定
  • AWS Budgetsの予算設定
  • AWS Budgets Report(Budgetsが存在する前提)

◎それぞれで設定可能な内容

Billingの設定 Budgetsの予算設定 BudgetsReportの設定
  • PDF 版請求書のメール送信
  • 無料利用枠の使用アラート
  • 請求アラートのメール送信

 

  • 具体的な予算額に応じた
    アラート
  • Budgetsの日時アラートなど
    ※Budgetsの事前登録が必要

 

今回は、Billingの設定Budgetsの予算設定のみメモしたいと思います。

https://aws.amazon.com/jp/aws-cost-management/aws-budgets/

AWS Billing and Cost Management とは?

 

Billingの設定

まずはBillingの画面を開くために、メニューよりマイ請求ダッシュボードをクリックします。

その後、Billingの設定をクリックします。

Billingの設定では、以下を設定できます。

  • E メールで PDF 版請求書を受け取る
  • 無料利用枠の使用アラートを受信する
  • 請求アラートを受け取る

請求に関する情報をこまめに受け取りたい場合は、

全てを設定することが望ましいと思います。

 

ただし、具体的な請求金額に応じたアラート出すなどは、

Billingの設定では行えませんので、Budgetsの方で設定する必要があります。

 


AWS Budgetsの予算設定

細かなアラート設定を行う場合には、

Budgetsにて予算を作成する必要があります。

まずはBudgetsの画面を開くために、メニューよりマイ請求ダッシュボードをクリックします。

左側のメニュー部分からBudgetsをクリックします。

AWS Budgetsが表示されたら、予算を作成するボタンをクリックします。

次に、予算タイプを選択します。

予算タイプは、アラートを出したい意図に応じて選択します。

今回は、シンプルにコスト予算を選択して、予算を設定ボタンをクリックします。

次に、予算名称や具体的な金額などを指定します。

内容を指定できたら、アラートの設定ボタンをクリックします。

アラートの設定が表示されたら、予算金額に対して何%の請求が発生したら、

どこのメールアドレスに通知するかなどの指定を行います。

指定できたら、予算の確認ボタンをクリックします。

内容を確認後、問題なければ作成ボタンをクリックします。

正常に予算が登録されました。

 


 

今回のメモは以上となります。

今回のメモには含まれていませんが、

Budgetsのアラートを日時で行いたい場合や、

複数のメールアドレス先にアラート送信したい場合には、

Budgets Reportの設定が必要となります。

今後、Budgets Reportの設定が必要になった場合には、

追ってメモを書かせて頂きます。


------------------------------------------ スポンサーリンク ------------------------------------------
カテゴリー: AWSタグ :
都内でエンジニアをやっています。 2017年に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 133

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る