FileZilla インストール FTP 接続方法

最近は、FTPでのファイル転送を行う機会はかなり減りましたが、

それでも、たまにFTPでファイルを送信しなければいけない機会があります。

 

普段、私は、Windowsで作業している時には、FileZillaなどを利用しています。

FileZillaは、Macもサポートされており、UIもほぼ同じのようなので、同じ操作で扱えます。

 

他のソフトも気になりますが、使用方法を覚えたり調べるのが面倒なので、

手元のMacの環境にもインストールしてみました。

今回は、Mac環境における、FileZilla インストール方法についてメモしたいと思います。

 

また、FileZillaでのFTP接続方法も簡単にメモしておこうと思います。

 

インストーラー取得

まず、FileZillaの公式サイトに移動します。

FileZilla(公式)

FileZillaのサイトのダウンロードリンクをクリックして、ダウンロード画面に移動します。

ダウンロード画面に遷移したら、

OS毎のダウンロードボタンが表示されていると思いますので、

環境に合わせた、ダウンロードリンクをクリックします。

ダウンロードリンクをクリックすると、editionの選択画面が表示されます。

アプリのみダウンロードする場合は、ダウンロードボタンをクリックします。

マニュアルも含めてダウンロードする場合は、Selectボタンをクリックします。

ダウンロードボタンをクリックすると、ダウンロードが開始されます。

 

ダウンロードが完了したら、Finder等で表示します。

ダウンロードファイルを確認して、ダブルクリックで展開します。

展開されるとappファイルが出現します。

 


 

インストール方法

取得した、appファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。

確認画面が表示されたら、開くボタンをクリックします。

正常に開かれると、dockに表示され、アプリが実行されます。

特に用がなければ、ようこその画面は、OKボタンで閉じてしまって構いません。

以上が、インストール方法となります。

 


 

FTP接続方法

基本的には、画面上部に存在する、

ホストユーザー名パスワードポートを入力すれば、クイック接続を行えます。

※接続先の設定次第では、ポートや暗号化設定を指定する必要があります。

ただし、クイック接続だと、毎回入力する必要があります。

定期的に行う接続は、ファイルのサイト マネージャーで登録しておくと便利です。

新しいサイトボタンで、FTP接続するサイトの登録を行えます。

新しいサイトボタンをクリックすると、エントリの選択部分に、
自分のサイトというアイコンが表示されます。

自分のサイトアイコンをクリックして、表示名を変更できます。

その後、画面右側のホスト名ユーザーパスワードを入力後、

接続ボタンをクリックすると、接続が行われます。

※接続先の設定次第では、ポートや暗号化設定を指定する必要があります。

接続を実行すると、接続先の証明書の状態次第では、注意メッセージが表示されます。

確認後、OKボタンをクリックします。

正常に接続されると、状態のログが表示され、

リモートサイトの情報が表示されます。


 

以上が、Mac環境へのFileZillaのインストール方法と、

簡単なFTP接続方法となります。

軽量で簡単な操作で利用できるので、中々重宝します。

 





 

 

都内でエンジニアをやっています。 3年前に脱サラ(法人設立)しました。 仕事で調べたことや、気になったことをメモしています。
投稿を作成しました 58

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る